タイヤの基礎知識 タイヤの空気圧 インチUP インチUP対応表
アルミホイールのサイズ タイヤローテーション ハンドルから手を離すとクルマがまっすぐ走らないときは

タイヤサイズの見方

例えば、215/65R15 91H とタイヤに刻印されている場合は、それぞれ何を意味するのでしょうか?

「215」はタイヤの幅が215mmを意味します。(タイヤが地面に接地している幅ではなく、タイヤ側面の最大幅のことです。ちなみに地面に接地している幅のことは、トレッド幅と言います)

「65」はタイヤの幅に対するタイヤの高さの割合が65%の意味で、一般にはタイヤの偏平率のことです。この数値が小さくなるほどタイヤを前から見れば太い(幅が広い)タイヤになります。

「R」はタイヤの内部構造がラジアル(少し専門的に言うと、タイヤの骨格であるコードがタイヤの中心線に対し90度に配置され、このコードがベルトによって締め付けられている構造)のことで、現在の乗用車のタイヤのほぼ100%がこのRのついたタイヤです。

ただし、応急用タイヤにはこのRがついていません。Rの代わりに「D」がついています。(このDは、内部にカーカスがタイヤの中心線に対し斜めに配置され、互いに交差するような構造=「ダイアゴナル」に配置された構造を示し、英語の頭文字のDが刻印されています)

「15」はリム径(タイヤをリムに組み付ける前のタイヤの内径)をあらわしており、この場合のリム径は15インチを意味します。1インチは25.4mmなのでセンチで言えば約40cm(15×25.4=381mm)のドーナツの孔の意味です。

「91」はタイヤの最大負荷能力を示す数値でロード・インデックスと言います。数値が91の場合には、一本のタイヤで615kgの荷重を負担出来る事を示します。従ってこの数値が大きくなるほど最大負荷能力が大きいことになります。

※ タイヤの負荷能力は、タイヤの内部にどれだけの空気を入れられるかの容積の大きさで決まります。従って同じサイズのタイヤであれば負荷能力は同じで、刻印の数値も同じになります。

代表的な数値とそれに対応する負荷能力kgの一覧表

「H」は速度記号の表示で、負荷能力の荷重で走行可能な速度を意味します。Hの場合には最高速度210km/hまでタイヤが壊れませんということです。

※夏タイヤに刻印されている速度記号は、Sであれば180km/h、Vは240km/h、Zは240km/h以上、Wなら270km/hです。冬のスタッドレスは、Qが刻印されているタイヤが多く、この場合には160km/hの最高速度です

タイヤの減り方からどんな情報が得られるのでしょうか?

よく「減らないタイヤをください」とか「少しでも長持ちするタイヤをください」とお店で要求される方がおりますね。これは、非常に難しい要求なのです。なぜならば、タイヤは減る事によって、車が発進、加速、曲がる、止まるなどの機能を発揮しているからです。タイヤが車の重要保安部品と言われるのもこれでお分かりですね。ちょうど消しゴムでごしごし擦って文字を消す時を思い出して下さい。固い消しゴムより柔らかい消しゴムの方がよく消えますね。文字が消しゴムと紙との間の摩擦で消えるように、タイヤは道路(アスファルトやコンクリート、あるいは雪、氷など等)との摩擦によって減って仕事をしているのがお分かりいただけたと思います。
なかなか減らないタイヤは、運動性能が十分発揮されないと言っても過言ではありません。

FF車(フロントエンジン・フロント駆動)とFR車(フロントエンジン・リア駆動)で前輪と後輪でタイヤの減り方は違うの?

FF車の前輪タイヤは非常に早く減ります。なぜなら、FF車の前輪タイヤは車の方向を決める他に、発進、加速、ブレーキなどの仕事までやっているからです。(FR車の場合には、発進、加速、ブレーキなどの仕事は後輪タイヤです)

しかも、車の重量配分が前輪65%、後輪35%と前輪タイヤの負担は大変です。(FR車の重量配分は、前・後輪でほぼ半分づつ負担)従って、FF車の場合には早目早目にタイヤローテーションをしないとタイヤの寿命(摩耗ライフ)は、後輪タイヤの1/3程度に早く減ります。

どうしてタイヤの外側、あるいは内側が早く減ったりすることがあるの?

タイヤは正しく、走る、曲がる、止まるの機能を発揮させる為に装着されている機能部品であることの認識が大切です。
スポーツ性能を売り物にしている車では、カーブを安全に、かつ早く走れるとか、レーンチェンジがシャープにできるとかもありますね。
これでお分かりのように、タイヤは決してタイヤの外、中央、内側の溝が平均して減ることを最優先として取付けられているのではありません。
FF、FRの前後軸での減り方の速さや場所の違いこそあれ、結果として同じ軸では、タイヤの減り方は同じが正しいことになります。
従って、もしあなたのタイヤが、右側タイヤは外側が減り、左側タイヤは内側が減っている場合(あるいは、この逆)には車の足回りに狂いがあることになります。外側同士、あるいは内側同士が同じように減っている場合には正常と言えます。
もちろん程度問題で、同じ減り方とはいえ過度の減り方の場合はお店に相談して下さい。

※車の足回りのことをアライメントといいます。
アライメントテスターで足回りを測定、調整することをお薦めします。アライメントが正しくても、タイヤの空気圧が低ければ両外側が、高ければ中央が早く減る傾向にあります。

▲ページの先頭へ